· 

素材を使い倒す

2014年作の落書き
2014年作の落書き

 

こちら、2014年に描いた落書き。

小説「竜の夢」の真白が成長したら・・・という想像の元、久しぶりに下書きから描いたイラストでした。

しかし、背景はPainterの素材でやっつけ仕事状態。

ただ顔は気に入ってたので、あとでもう少し加工し直してみたりしました。

2014年作の落書き+加工版
2014年作の落書き+加工版

 

いい加減な背景を誤魔化すためちょっとフィルターを重ねてみたり(;^ω^)

 

だいたいポーズとか姿勢が不自然なんだよね。

でもまぁこの時はこれでよしとしました。

サイトにあまりにもイラストないし更新がなかったから、そのためにちょっとした落書きを載せようと描いたものだったんで。

 

それから約5年、なんで掘り起こしたかというと・・・

 

Twitterはるにゃさん(@halnya_cat )が企画した「みんなの花物語2019」。

3月末までだったので間に合えば参加します~みたいなつぶやきしてて。

TOP画像でも使用している桜モチーフのイラストで参加しようかとも思いましたが、すでにTwitterや各種投稿サイトに出しているので、使いまわしし過ぎだろうと断念。

それで新たに描くかどうするかと迷っていたところにコレが!

中途半端だったし、いい機会だからこれをリメイクしよう!そうしよう!と作業に取り掛かりました。

 

しかーし!早速色々問題が( ̄Д ̄;;

●リメイクするにはまず原画のサイズが小さかった。

●人物がバストショット以下だった。

 

この2点の解決策は・・・

●原画の解像度とキャンパスサイズを拡大。

●人物の頭と襟元までを残し、あとは削除して描き直す。

 

「花物語」だから花をたくさん入れるのはもちろんだけど、今の時期ならわたしは桜だなーということで、毎度お世話になっているCLIPSTUDIOの素材ブラシを、背景・着物の柄・アクセサリーにまで使いました。

桜の素材なら自分で昔作ったのもあるけど、見栄え的には人様が作った素材の方が断然良かったし。

拡大してぼやけた線画も修正しているから、全部描いたのと変わりない作業量でした(@Д@;

 

そして完成したのがこちら。↓↓↓

2019年3月作:ソフトバージョン
2019年3月作:ソフトバージョン
2019年3月作:濃い目バージョン
2019年3月作:濃い目バージョン

 

ソフトフォーカスで全体的に柔らかな雰囲気にしたバージョンと、人物を少し濃い目にしたハッキリバージョン。

どっちがいいか決めかねて、結局ソフトバージョンを企画のタグをつけて投稿しました。

その後、タグなしで濃い目バージョンもTwitterに投稿しましたが。

 

どちらにしろ、変なポーズにしてしまったなぁとすでに後悔しています。

左手にワイングラスでも乗っけたいような・・・

色彩も色んなバージョンで試しているうちにどれが正解か分からなくなり、最終的に最初の色合いで行くことにしました。

ピンクと紫・・・桜の色と同系にした方が収まりがいいかと思ってしまったんだけど・・・う~ん(;´・ω・)?

でもまぁせっかくここまで描いたんだし、ヘッダー画像にしています。

ここだけじゃなくTwitterでも。

「絵置場」2019年作コーナーにも掲載してます。