キャラクター設定【神月一族】


水原璃摩乃(みずはら・りまの)

 

年齢:17

身長:163㎝で痩せ気味

 

本編主人公。

両親とは死別。叔母の摩夜子と二人暮し。

帰国子女で学年は一年ほど遅れている。

感情・表情の起伏が乏しく、美貌も他人から認知されていない。

再生・治癒能力の持ち主だが、記憶と共にほとんどの力を封じられている。

 


水原摩夜子(みずはら・まよこ)

 

年齢:28

身長:160㎝強で ナイスバディ

 

璃摩乃の叔母で保護者。

神月家の娘だが九年前に死んだと思われていた。

身を隠すため別の戸籍を取得し「水原」を名乗る。

表向き、「ミスティ・麻夜」という名で雑誌の占い記事などで生計を立てている。

 


神月夜摩(こうづき・やま)

 

年齢:31

身長:190㎝

 

摩夜子の兄で、璃摩乃の叔父にあたる人物。

一族の者たちに恐れられていたが、消息不明となっている。

全ての事情を知る唯一の人。

 



神月摩結(こうづき・まゆ)

 

年齢:不詳

身長:155㎝位

 

神月本家の「常闇の間」に生息する謎の多い女性。

顔立ちは摩夜子と似ている。

時々気まぐれにあちらこちらと姿を現し、謎の言葉を残していく。

 


卯月桂一郎(うづき・けいいちろう)

 

年齢:22

身長:178㎝

 

神月分家筆頭:卯月家の当主。

神月の直系を母に持つ璃摩乃の従兄妹。

幼少の頃より恵まれた容姿と才能で周りの人々を懐柔してきた食わせ者。

宗主の座に最も近いという評判。