始まり

 ――白かった。

 

 ただそれだけの、あるのは己の意識のみの世界。

 自分は何なのか、それさえも無かった。

 

 突如空間が歪み、瞬く間に色彩が形を成していく。

 象られた“それ”は、“人”というものだと自分は知っている。

 

 “それ”は音を発した。

 言葉という、今の己の意識を現したそれと同じもの。

 数瞬置いて理解されたその意味。

 

「一緒においで。これからは二人で生きていくのだから」

 

 手を……

(手だ)

 差し伸べる“それ”に、自分も同じように返す。

 とるべき行動は決まっている。

 

 ――そう、初めから定められていたのだから。

 

 

◆◇◆

 

 

 覚醒した時、自分の身に起こったことが即座に理解出来なかった。

 

(――何故こんなところに横たわっている?)

 

 視線を巡らせた先に、見知らぬ男が立っていた。

 長い黒髪の、凍えそうな翠の眼差し。

 容貌の美醜よりも、その眼がひどく恐ろしかった。

 

(誰だ――)

 ――いや、知っている? 

 

 声を出したつもりだったが、掠れた呻き声にしかならなかった。

 だが男にはそれで通じた。

 

「何故そんな様になったかは、今は問題ではない。死にかけている、そこが肝心だ」

 とんでもないことをさらりと言う。

 

(誰が死にかけてるだって!?)

 思わず上体を起こしかけたが、頭の天辺から足の先まで激痛が駆け抜けた。

 指一つ、満足に動かせない。

 男の言葉が脳裏にじわりと染みていく。

 

「現実逃避もいいだろう。だが、生き延びる、ただ一つの機会を逃すことになる」

 脅すでも、急かすでもなく、あくまでも淡々と言い放つ。

 痛みは増すばかりで、嫌でも男の言葉が真実味を帯びていく。

 それでも自分が死に掛けているという現実は受け入れ難い。

 

(助けるって言うのか? その機会っていうのは何だ)

 

 そのとたん、男の口の端がくっと持ち上がった。

 笑ったようにも見えなかったが……

 

「質問ばかりだが、まあいい。お前の命を救う為に課す条件は……」

 ちらりと窺うような色を過ぎらせた、凍りつくような眼差しが降って来た。

 凍る翠には魔力があるようで、本能的に目を瞑る。

「一人の少女を守る、それだけだ」

 

(それは誰だ? 何から守るっていうんだ? 期限は?)

 

「命をあがなう条件が易いものだとは思うな」

 声に厳しさが加わった。

 それにひるむことなく問い続ける。

 

(どこにいる?)

「いずれ会う」

 

 帰ってきた男の返事は、不親切極まりない。が、それ以上説明する気はさらさら無いようで、立ち去る気配がした。

 一方的な物言いに腹が立ち、恐れより怒りが勝って目を見開いた。

 逃すまいと強く叫ぶ。

 

(待て!あんたは誰なんだ!? 助けると言って何もしてないし、顔も名前も知らない相手をどうやって分かれっていうんだ!!)

 

 叫びは声にならず、むなしく無視される。

 更に呼び止めようと、息を吸いかけたが、激しく咳込み吐血した。

 気が遠くなる。男の姿は霞んでもう見えない。

 

 

 

 

「………………ぶ?」

 

(――!?)

 

「ちょっと、大丈夫!?」

 

 いきなり掛けられた第三者の声。

 はっとした、その時はじめて彼は現実の世界で、“無傷”で目覚めた。

 

 

 ――それから更に時は経ち、物語は始まる。

 

 

***つづく***