【ZERASU】プロローグ

 

――神が見捨てた一つの蒼の惑星。

 

その世界は惑星内だけで集束し、幾度目かの終焉を間もなく迎えようとしていた。

 

――その人の子の世界。

 

各地に、摩訶不思議な出来事が、単なる噂として面白おかしく広まるこの時代。

その中でもオカルト(心霊現象)と一括りにされるものがある。

幽霊・祟り・生霊・妖怪などなど。

気のせい、もしくはばかばかしいとされながらも、明確に科学的に否定できていない。

 

そう、事実、それらは確かにこの世に存在しながら、それと気付かれていない。

 

知られたくない者と知りたくない者。

 

だが、今、その均衡は崩れようとしていた。