環子(1)

 日付が変わろうとしている深夜。

 

 総工費何億円か掛けただろう豪邸の、小心と虚栄心を表すかのようなやたら高い塀に囲まれて、その屋敷の主人は今、窮地に立たされていた。

 彼以外の家人は寝静まり、ひっそりしているため、彼の息づかいが奇妙にはっきり本人の耳を打つ。

 卑小な肉に埋もれた小さな目を限界まで見開き、しきりに辺りをぎょろぎょろと窺う。

 

 彼の書斎は、見栄だけで使われることは無かったかのような、政治経済、法律の書籍で書棚が埋め尽くされ、その高価な材質の机や絨毯に、彼の脂汗が滴り落ちてすっかり台無しにしていた。

 なぜなら、震える手でしっかりと握り締められている拳銃の銃口を、なんと自分の口腔に押し込めているせいだ。下方から脳天に向けて。

 肉の厚い口腔内でもまだ少し隙間があるのか、がちがちと歯と拳銃がぶつかりあっている。

 

 くすくすくす――

 

 小さく軽やかな笑い声の主を、彼は哀願するように凝視するが、された方は全く悪びれない。

「あがが……だずぇで……」

 聞き苦しいうなり声に、笑い声の主は片眉を上げる。

「全くね、今更でしょ。あなた、“おいた”が過ぎたのよ」

 唇の端だけきゅっと吊り上げ、皮肉な笑みを浮かべる少女は、今まさに自決しようとしている男をこれ以上ないほど冷ややかに見ていた。

 悪趣味極まりない。死に行くものを引き止めるどころか、さっさとしろと言わんばかりに。

 ――いや。

 彼は自殺する者ではない。これから“殺される”のだ。

 誰に?

「わたしに銃を向けたのが良くなかったわね。そうしたらもうちょっと穏便な死に方をさせてあげたのに」

 くすくす――

 少女は嗤う。

 暗い部屋の中、黒い薄手のニットにこれまた黒い細身のパンツ、ゴム底の黒いブーツの脚は、宙に浮いていた。

 絨毯の上5センチほどの距離を空け空中に止まり、まるでそこに透明の椅子でもあるかのように腰掛ける格好で、少女は浮いているのだった。

 

 ボーン……

 

 エントランスホールにあった、アンティークの大きな柱時計が午前0時を告げ始めた。

「じゃあね、バイ」

 次の鐘の音と同時に銃声がこだました。

 紛れもなく、男は自らの手によって生涯を終える。一瞬後、少女もそこから姿を消した。

 哀れな男は、翌朝までその亡骸を発見されることはなかった。

 

 

+++++

 

 

 きっと自分からは死臭がするだろう。

 彼女は自分が行っていることを全て承知している。そしてそれを厭わしいとさえ思っている。だが……。

 

 ――朝刊には間に合わないだろうから、夕刊の見出しは「汚職事件の元外務大臣・自殺」……かな。

 

 いや、後日“病死”と発表されるかもしれない。

 “おばば様”――政財界などに多大な影響力を持つ“女媧(じょか)”に見放された哀れな男の死を、誰も惜しまないだろう。

 それ相応のことを彼はしてきた。だからこその“制裁”だ。

 “制裁”を実行するのは自分。誰が言ったものか“竜樹(たつき)の死神”と呼ばれていることも彼女は知っていた。

 相手の行動を反転させる異能の“力”が、獲物を死へと導く。

 

 人が死んでも、もう何の感情も浮かばない。

 どこかのネジが外れてしまった欠陥人間に成りおおせたのだと、口の端に自嘲の笑みを浮かべる。

 

 ――果たしてわたしは人間?

 

 自主的にではなくても、度々人を殺めに行く事に、もはや何の疑問も持たなくなった。

 

 ――人の命なんて軽いものよ。

 

 いいように“おばば様”に利用され、紙屑のように捨てられていく人々を多く見すぎたせいで、彼女の心は麻痺している。

 

 今、彼女の心を占めるのは、今晩の寝床をどう確保するか、ただそれだけだった。