兄弟

「――もう待てません」

 来客に会うため内藤が出て行ったあと、傲乃兄弟は応接室に留められていた。

 かれこれ30分以上。

 元々待ってやる義理はない。交渉は決裂しているのだから。

 ということで、最初に痺れを切らした朱李は、すたすたと内藤の秘書の制止を振り切りドアを開け放つ。

 普段なら突発的な弟の行動を止めにかかる青嗣も、この時ばかりは同じ気持ちだったので、もう一人の弟、真白を連れて後を追った。

「誰か! 誰か彼らを止めろ!!」

 慌てふためいた秘書の甲高い声に、ダークスーツの屈強な男たちが行く手を塞ぐ。

 朱李はそれらを鼻で笑い、一瞬も歩みを止めずに突き進む。

 男たちは手に手に警棒を振りかざして朱李に突撃する。が、彼の両腕が左右に振り払われただけで、男三人が壁や窓に叩きつけられた。強化ガラスが砕け散り、一人が外へ投げ出された。

「逃すな!!」

 もう建前は消え去り、悪意をあからさまに襲い掛かってくる。

「例の娘を連れて来い!」

 扉の影から指示を飛ばす秘書が、言ってはいけないことを口走ってしまった。

 ゆらりと青嗣は男を振り返る。その形相と発する気迫に、秘書は腰が砕けた。

 へなへなと座り込もうとした男の胸倉を、青嗣はむんずと掴み上げる。男の足は床から浮き上がった。

「どこにいる」

 形相とは裏腹に、とても静かな問いかけだが、それが逆に恐ろしさを倍増させる。秘書はわが身可愛さに素直になった。

「二階北側の図書室です!」

 青嗣はぽいと男を放り投げ、二階へと駆け出した。

 

 黒恵が拘束されている図書室に、ダークスーツの男たちが我先にと走ってきた。その後を傲乃兄弟が追う。

 慌てた男の一人が、鍵を開けるのももどかしく、重厚な樫の木材の扉をぶち破った。が、なぜかそこで立ち止まる。

 追いついた朱李が、立ち尽くしている男を、やさしく腕一本でふっとばした。

「――黒恵!!」

 しかし、部屋に踏み込んだ朱李も立ち尽くす。次いで現れた青嗣と真白も。

「クロちゃんは!?」

 黒恵はいなかった。布張りの椅子の足元に千切れた縄があるばかり。

 そして傲乃兄弟は知らないことだが、サイドテーブルの水晶球も消えていた。

 青嗣は入り口で伸びている男を揺さぶり、眼光鋭く問い詰める。

「黒恵はどこだ!!」

 がくがくと揺さぶられ、気を失いかけていた男は正気に返ったが、目の前の青年を目にして後悔した。

「こ……ここだ。ここにいたはずなんだ」

 青嗣は部屋をぐるりと見回す。

 誰かに連れ去られた後なのか、それとも自力で脱出したのか。

 朱李は鍵の開いた窓に駆け寄り、外を探したが、黒恵らしき人影は見つからない。屋敷の外からダークスーツの男たちが朱李を指差し、口々に怒鳴っているだけだ。

「黒恵!!」

 窓に駆け寄った青嗣が、もう一度外に向かって叫ぶ。しかし答えがない。そこへ――

「アオちゃん、シュウちゃん、クロちゃんを見つけたよ!」

 目を閉じ、両耳に手をかざして周囲の気配を探っていた真白が、ある一点に方向を定めた。

 “場の空気を読む”――文字通り、真白は空気の流れと気配を読み解く。姉の気配も。

「真白、行けっ」

 青嗣の号令に、まるで宙を駆けるように真白は走り出す。

 廊下へ出て、今しがた通り過ぎたばかりの方向を戻っていく。途中立ち塞がる男たちに向かい、真白は何かを叫ぶ。

 男たちは“何も聞こえない”衝撃波と激痛に、次々と耳を塞いで倒れていった。

 そして三階へ通じる階段を跳ねるように駆け上がり、突き当りの部屋を目指した。

 真白が青嗣を振り返る。ずいっと前へ出た青嗣がドアノブに手を掛けた。鍵はかかっておらず、難なく開く。

 

「遅かったのね」

 

 物置き場らしき部屋の中に、ぐったりした黒恵を抱え込んで、苦笑を浮かべた環子がいた。

 

 

+++++

 

 

 それより少し前――

 

 身体に少し力が戻ってきたことに黒恵は気づいた。

 理由は分からない。でもチャンスだ。

 両腕に力を込めると、身体を縛り付ける縄はどうにか千切れて解けた。

 ふらりと椅子から立ち上がったとたん、足がもつれて床にへたり込む。毛足の長い絨毯のおかげで、音を立てずに済んだことにほっとする。

「逃げなくちゃ……」

 兄弟たちが助けに来ることは分かっている。でも迷惑をかけてしまう。

 

(ごめん、大にぃ、ちぃ兄。真白は気に病んでなきゃいいけど)

 

 まだうまく動かない脚に力を込め立ち上がり、窓から身を乗り出そうとして、くらりと目眩に襲われる。

 まだ頭に“もや”がかかっているみたいだ。でも逃げなきゃ。

 無理やり窓枠をまたぎ、わずかな外壁の出っ張りに片足をかけた。更にもう片足をかけようとして踏み外し、ずるりと身体が落ちかかる。

 とっさに窓枠にしがみついた手首を、誰かが掴んだ。

 ぎょっとして振り仰ぐ。視界がまだ良好ではないので、何度も瞬きして相手を確かめる。

 なんとそこには、巻き込まなくて良かったと思っていた環子がいた。

「……なんで?」

「無茶するわね」

 環子はほっとしたような微笑を浮かべている。

「あなたの兄弟たちも来ているわ。黒恵、休めるところに移動しましょ」

 そのとたん、視界が暗転する。瞬き数回の後、さっきの部屋とは別の所に立っていた。

「……ここは?」

「物置部屋みたいね」

 きょろきょろと見回しているうちに、またくらくらして、身体から力が抜けてきた。黒恵はそのまま床に座り込む。

 

 ――なんでだろう? せっかくマシになったのに。

 

「“コレ”の影響だわ。ごめんね黒恵」

 そう言うと、環子は取り出した小ぶりの水晶球を床に置く。

 環子にはこの症状の原因が分かっていたのだ。

「黒恵の傍に置いてあったのを拝借していたのよ」

 水晶球に人差し指を当てると、ぴしりと微かな音と共に無数の亀裂が走り、硬い水晶がパンと粉々に砕けた。

 環子は砕けた水晶から、一塊のカケラをつまむ。欠片というより、はじめからその形でカットされた水晶のように見えた。それを自分の胸元にしまい込む環子を、ただ見つめる。

 不思議なことに、この後、身体にまた力が戻ってきたのだ。

「“アレ”、なんだったんだ?」

「――わたしにもよく分かってないのよ」

 環子を疑う気にはならない。だから、

「そっか……」とだけ。

 その時、複数の足音がした。緊張した環子は、そのままドアを睨んでる。

 

 ドアが開き、こうして兄弟たちは再会を果たしたのだ。